FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟銃 - 2016.04.08 Fri

PARCO PRODUCTION 猟銃
PARCO劇場 (渋谷) 19:00開演 

原作 井上 靖 『猟銃』
翻案 セルジュ・ラモット
日本語監修 鴨下信一
演出 フランソワ・ジラール
出演 中谷美紀/ロドリーグ・プロトー

hunting gun 01_n hunting gun 02_n

猟銃。観劇。

すごい女優でした。中谷美紀さん。
息をするのも躊躇われるほど張りつめた空気が彼女の発する声、しぐさによって
少しずつ震動していくのが目に見えるような芝居。
3人の異なる女性を一人で演じるんだけど中谷さんは実は3人いるんです
って言われたら、あーやっぱりそうなんだねって言っちゃうぐらい
身にまとってる空気の色がガラリと変わって本当にすごい女優を見たなぁ~と熱くなった。

カーテンコールの時に、自分ふっと緊張が解けたのか、なんでか本筋じゃないとこでこみ上げて。
ジワジワ涙目。鼻ツーン。涙ほろり。
安心したというか、はぁ、現実に戻ってこれた、、、、、、みたいな感覚。疲れるわ(笑)

台詞のひとつひとつが美しく。そして残酷だった。
お話の時代は戦前~戦後ぐらいの時なんだけど少し前までの日本語って
こんなにも滑らかで綺麗だったんだなぁって思ってしまった。
今の日本語はガチャガチャ煩い。雑音が多いよ。

中谷さんが演じている3人の女性は手紙の中で自分の心情を吐露してるので
手紙という性質上、整理をつけながら本当に言いたいことだけが
濃密に詰まってるって感じがあって、それが苦しくて切なくて残酷だなぁと。

台詞だけじゃなくて、動作によるの全て音を含めて、なに一つ、余計なものはなく。
シンプルな舞台セット、衣裳、効果音、小道具で、これほどまで効果的に三様の変化を
見せる聞かせる芝居の緻密さ。
後ろのフィジカルアクターの洗練された動き。
それがより一層、中谷さんの演技に広がりをもたせ、素晴らしく雑味を剥ぎ取った演出に
ただただ感服。
芝居に集中しすぎたからなのか、なんかちょっと時間感覚がまだおかしい感覚が残ってる。
芝居自体、実際は100分程度なんだけど感覚的に30~40分ぐらいにしか感じなかったし。
(終った時、率直に、え?もう終わり?って感じだった)
終演後にしばらく席にいてボーッと何もない舞台眺めて、それから化粧室いったり
ロビーちょろっと見たりしつつ劇場から降りるエレベーターで時計を見たら
終演後30分もたってからだったり。
(感覚的には10分程度だと思ってた。多分、感覚よりも長い時間、席にいたみたい。)
はぁ、久しぶりに味わったな、この感覚のずれ。
一人芝居は、体力ないときは心労に直撃するし。
明日まで、ちょっと混乱?して疲れてそう(笑)
気分を落ち着かせるためにも、感想ツラツラ。

nakatanimiki_n.jpg

<関連LINK>
PARCO PRODUCTION 猟銃 特別サイト
http://www.parco-play.com/web/play/ryoju/

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaako1223.blog122.fc2.com/tb.php/2104-17f34548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GWが終わって・・・ «  | BLOG TOP |  » Color of Life

プロフィール

kimi@やあこ

Author:kimi@やあこ
.
「ちょっと立ち止まってみて」

プロフィール画像は2011年に
旅行したモロッコにて。
アラビア語の"STOP"標識。

------------------------
place: Tokyo
sex: femail
hobby: theatergoing
blood type: O
holescope: Capricorn

アクセスカウンター

カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード ~ひぽつぶ~

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。